基本食べ物に関し、飲み込む事ができない位の嫌いな食べ物は私の中にないです。
人様にご馳走になる時には 出されたものは全て食べます。

自分で買ってきてまで 食べたいと思わない物や、目の前に出される事がなければ一生口にしないでよいかな…?と思う食べ物はあります…それは…。
『林檎』
味は好きなのでジュースやアップルパイ等は食べれるのですが 果物としての林檎の食感がどーしてもダメで 噛めません 笑
皮を剥く事も無理です。脳みそがキューンと縮む感じがして恐怖でしかありません。

逆に好きな食べ物は『唐揚げ』です。
自分手作りの唐揚げから お店で提供して下さる物を食べるのも好きです。
量は…沢山は食べれませんが毎日でも食べられる自信がありますッ。

好きな食べ物はカットフルーツのメロンとスイカ。何の抵抗なくしかも種が取り除いてあるから食べやすいです。丁度良い量で他のフルーツも一緒に楽しめるお得感も納得です。あたりを引くと甘さがリラックス効果あり。嫌いな食べ物はトマト。口に入れるとトマトが暴れだす。
飲み込むまで後味悪い感じがします。これに冷麺とランチが始まると過剰に酸っぱいタレと一緒にこれは危険な食べ物ですと身体が教えてくれるのかリバース。冷やし中華ファンの皆さん、申し訳ございません。ですがこれが事実です。更にわがままを言ってしまいますと、つけ麺は許容範囲なところが非常に憎いです。おそらく卵面が絡むタレの違いで飲み込めるかできないかが大きな分かれ目になりそうです。最近はゆずの香りでほとんど気にならない例外の冷やし中華が登場したのでそちらなら安心してお腹に入れることが出来ました。とても美味しかったです。

私は案外食べ物の好き嫌いは少ないと思っていましたが、
よく考えてみると、野菜料理で好き嫌いが出てくることに気づきました。
まず、好きな野菜は、俗にいう緑黄色野菜で、特に大好きなのは、キュウリと大根と冬瓜です。
冬瓜料理は、夏の疲れたときにあんかけで干しエビと一緒に炊くとおいしくて、
冬瓜がよく出回る夏によく作って、よく食べます。
キュウリと大根も塩もみして水けを出して絞ると、簡単なお漬物にもなるので、
重宝しますし、大根に至っては、煮もの料理に困った時に、大根を千切りスライスで切って、
人参と炊くと、手ごろな煮物になって、子供も喜んで食べてくれます。
反対に嫌いな野菜はというと、水ナス、フキ、ズイキです。
水ナスやズイキは、大阪の泉州地方ではメジャーな野菜で、
夏に出回るのですが、小さい時に食べて気持ち悪くなってからは、これら3つの
野菜料理は食べれません。
主人がズイキやフキが好きなので、頑張って作るのですが、自分は食べずに見守ります。
たまに主人から勧められて食べてみるのですが、食感が苦手だし、
水ナスのヌカ漬けもなんだかおいしく感じられなくて、なんとか飲み込みますが、
やっぱり苦手なというか嫌いなものは、食べると辛いです。

魚と言っても、色々ありますがその中でも、鯖、秋刀魚、鮭、この三つが特に好きです。味付けはやはり全て塩。鯖の場合、箸を入れた時にでる脂。
それを白ご飯に乗っけて箸でかっ込む幸せ、もう頬が落ちまくります。鯖寿司も酢が効いていて中々いい仕事しています。さて秋刀魚。
これも又、塩で、ワタは大根おろしと混ぜて食べます。美味しいです。流石秋の魚と呼ばれるだけあって、その存在感抜群です。これを外したら駄目だよ、と来るのが鮭。塩焼きは勿論、バターソテー、寿司のネタ・・・etc。少々冷ましたご飯に鮭の切り身を乗っけて、その後イクラをどっさり。もう贅沢以外何も言えないでしょうか?ともかく、魚が大好きです。

わたしは、長谷川潤ちゃんが大好きです。まず顔がすごくキレイで、スタイルもいいのに、飾らない感じがすごく大好きです。

服装もすごくシンプルで、ティーシャツにデニム、バックパックみたいな感じですが、すごくおしゃれで、マネしたくても、絶対にマネできないような美しさがあると思います。シンプルなのに、あれだけおしゃれに見えるのは、素材のよさとか、内面からでるなにかしかないかなと思います。テレビとかでしゃべっている姿をみても、笑顔が多くすごく自然体で優しそうな感じがにじみ出ていると思いました。これからも応援していきます。