ここからご記入ください。今日は朝からとっても と?っても寒くて布団から出たく無いほどでしたよ。まぁ、そんなこと言っても起きて仕事に行かなくては…(泣)バタバタ支度をして車のエンジンを掛け…うわっ!エアコンの温度計に雪マークが(泣)これが出ると冬が来たなぁって実感が湧く 家の周りはまだ雪は積もってない。車を走らせ何時ものトンネルへ 少しワクワクしながらトンネルを出ると薄っすらですが雪が積もってる!寒いのは嫌いだけど、真っ白な雪は好きなんだよなぁ??朝からテンション上がった日でした。早く一面真っ白な銀世界にならないかなぁ?

最近、風邪をひいてしまって辛いです。原因は車内で咳をする人が増えたからです。いろんな乗り物に乗って出かけますが急に咳をする人が増えました。覚えている人は席が辛すぎて座っていたのに車内をウロウロまわる女性です。そこまでしんどいのにマスクをしないのかと思いました。のど飴もないのかと思いました。マスクとのど飴を持っていたら渡したかったです。他には咳がひどい客がいて、その客から周りの客が遠ざかって行きました。なぜ咳をする人は男女関わらずマスクをしないのか不思議です。風邪をうつってショックです。いろんな人が咳をしているとどの人からもらったのかさえ分かりません。

12月に入り、我が家では毎年恒例のクリスマスの飾り付けをしました。去年までは、わたし一人で頑張っていましたが、今年から強力な助っ人?愛する子が加わりました。初めはやる気満々で、ツリーに星や、松ぼっくりなど飾り出しましたが、だんだんと飽きてきた模様。徐々に体を揺らし始めました。それからツリーには興味を示さなくなっていき、すかさずオリジナルのゴリラダンス(自分の胸をゴリラのように叩くので)そして吠えはじめ。。まるで野獣のようにそれからは踊りまくりです。まぁいつものことなので、私は、そんな我が子を冷静に見つめながら、ツリーを今年も完成させました。その後ふと思います。6歳の子とはこういう感じなの?かと…

私は紅しょうがが嫌いだ。

とはいえ、味だけで言えばさらに嫌いな食べ物はある。
紅しょうがで許せないのは、まず私の好きな食べ物にことごとく紛れ込んでくることだ。
冷やし中華、焼きそば、牛丼…これらは単品では好物なのだが、紅しょうがが乗っている可能性が非常に高い。
その上紅しょうがは細かすぎで取り払うのも一苦労だ。
さらに厄介なことに、きれいに取り除いたとしても自分の存在した場所に赤い汁を残していくのだ。
アレがあるだけで私の食欲は大いなるダメージを受けてしまうのである。

もう一度あえて言おう、私は紅しょうがが嫌いだ。

私は、昔から甘いものが大好きです。
その中でも、1番好きなのが、生クリームです。ケーキもプリンも生クリームがあるものを基準にして選んだりします。
自分でも、生クリーム中毒?!なのかと、思うくらいの行動をしたことがあります。それは、業務用スーパーに行った時に、冷凍の業務用生クリームが売られており、業務用なのでなかなか大きいサイズの生クリームだったのですが、生クリームをそのまま吸いたい!と思ったら、居ても立っても居られなくなり、そのままクレープ屋さんが開けるんじゃないかというくらい、生クリームを買って、1人でチューチューと生クリームをダイレクトに吸っていたことがあるくらい生クリームが大好きです。
体に優しい生クリームが出たら我慢せずたくさん食べられるのになあと思う今日この頃です。

みんな大好き唐揚げです。
唐揚げと言っても、色んなものがありますが、何と言っても一番好きな唐揚げは鶏モモ肉です。無難ではありますが、一度食べ始めたらある限りはお箸が止まりません。嫌いな人もあまり聞いた事が無いので、みんなに愛されてる食べ物だと思います。
衣の感じは外皮がカリカリ、中はジューシーなものがお酒との相性バッチリ。この料理を考えた人は凄い!
逆に皮がしなしなな唐揚げもよくありますが、断然カリカリ派です。
自宅でもよく唐揚げを作ります。醤油、酒、生姜、にんにく、塩胡椒で半日ほど漬け込み揚げていきます。家族にも好評ですぐなくなります。

大好きな食べ物です。冷蔵庫で切らしたくない食べ物No. 1。
味噌汁によし、和え物によし、鍋によし、練り物としてもよし、そのままでもよし、女性には美容にもよし、様々な使い方がある万能食材です。
大豆の素朴な味と、柔らかでフワフワな舌触りが日本人に生まれて良かったと思わせてくれます。また、値段も安く、老若男女食べやすいので、主婦としては料理しやすい身近な食材です。
一番好きで、おすすめな食べ方は。
木綿でも絹ごし豆腐でも大粒の岩塩や、少し高めの特別な塩でシンプルに食べると、大豆本来の味が楽しめてお酒も進みます。

トマトが嫌いです。理由は食感と味が気に入らないからです。歯で潰した後の柔らかさと、水っぽくてやけに野菜の味が強調される感じがどうも駄目です。
ミニトマトだろうと普通のトマトだろうと、いくら試しても結果は同じでした。
トマトの好きな母親にもったいない、トマトはリコピンがどうたらこうたらと言われますが、嫌いな気持ちはなかなか覆せません。生で食べるからいけないのかと思い、煮込まれたものを口にしましたがやはり食感で挫折、味で完全に拒否反応が出ます。

いつか克服することが出来るのか、未知数ではありますが今のところは無理そうです。

暑い夏のスタミナ源に鰻って昔から人気ですよね。私も夏だけに関わらず一年中鰻を食べたいと思う人間なのですがなかなかお値段がしますのでしょっちゅういただけるものではありません。実家にいた頃、特に世の中が景気が良かったころに幼少期を過ごした私はかなり外食が多かったのです。鰻も老舗の決まったお店でしか食べたことありませんでした。そうすると自然に舌が肥えます。大人になってそれに気付くのですがかなり厄介です。
昔と違って今は自宅でご飯を食べるのが人気ですよね。なのでスーパーに行くとお総菜がかなり充実してます。各企業さんもかなりこだわって力を入れてるのをテレビなどでよく拝見します。
私もおいしくいただいてるのですが、数年前に主人が買ってきてくれた鰻がどうしても生臭く無理をして食べました。それ以来スーパーで見かけるたびに食べたい気持ちはあるのですがいつも懸念してしまいます。牛丼チェーンで2〜3年前にいただいた時も骨が多く生臭く満足できなかったのでそれ以来食べてません。地元を離れてからも特においしい鰻屋さんを探したわけでもないですが…。
そうすると地元に帰った時に1年に1度ぐらいしか食べない鰻が特別な食べ物になってしまいました。もちろん今年も地元に帰ってすでにいただきました。あの香ばしい香りだけでも幸せになれる私の大好きな食べ物です。
横浜の全身脱毛おすすめクリニック

卵料理が好きな私。小さいころよく通っていた中華料理屋では、必ずと言っていいほど「天津飯」を頼んでいました。
出前を取るにしても親子丼やカツ丼、ラーメンのトッピングに煮卵は必須。朝ご飯の時に卵とご飯があれば、おかずなんて何もなくても卵かけごはんで十分。こんなに卵好きですが、健康上1日1個でなるべく我慢しています。
子供を出産して子供に卵アレルギーが発覚し、しばらく卵なしの生活になったときには、外食した時には子供の事を考えず卵料理を頼んだ記憶があります。今ではアレルギーも克服し、遠慮なしに卵料理を作ることができるようになって嬉しい限り。2人目の子供に至っては、母親に似たのか卵かけごはん大好きです。
今後も私と卵は一生縁の切れない仲でともに過ごしていくことになると思います。